2007年03月14日

OracleのVista対応

OracleもやっとVista対応版を出したのだがうまくいかないのでここにメモしておく。うちは9i Clientを使っていたのだが、9iはVista対応が全く未定なので仕方なく10.2.0.3を入れることにしたのだが、うまくインストールできる場合とインストールに失敗する場合がある。

手順は以下の通り。

  1. パッチセットp5860454_10201_WINNT.zipを準備
  2. 上記パッチセットに含まれるインストーラを管理者権限で起動したコマンドプロンプトから実行する。
  3. 10.2.0.1のインストール完了。
  4. この後10.2.0.3にするためのパッチを適用する。(まだここは試していない)

正常に完了する場合は、Oracleが公開しているとおりの手順で正常に完了するのだが、失敗する場合は、Universal Installerの起動の過程で「画面の配色はVistaベーシックに変更されました」 と出て、その後、「javaw.exeは動作を停止しました」 が出て失敗する。

インストールに失敗するPCは、Vista BusinessでAeroが有効になっているものだ。成功するものは逆にスペックが低いPCでAeroは有効にならない。そこで設定を変更してVistaベーシックやクラシックにして、試してみたがそれでもだめだった。UACを無効にしてみたら今度はUniversal Installerに怒られたのだが、文字化けしてしまって全く読めない状態になった。

 

posted by RION at 20:05 | Comment(2) | TrackBack(1) | Vista このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
私も全く同様の症状で困っています。8.1.7のPintium4の問題の時の様に、またJavaVM絡みで参ります。
Posted by にー at 2007年04月04日 20:37
私もPen4の時、やられました。解決策アップしてなかったです。今書きました。参考になるかどうか・・・
Posted by RION at 2007年04月04日 20:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

Windows VistaにOracle Clientをインストール
Excerpt: Oracleのページを見ると、Oracle Client10.2.0.3からWindows Vistaに対応と書いています。 ところが、どうすりゃインストールできるかってことがどこにも出てこない。 ..
Weblog: FujiiHの部屋
Tracked: 2007-05-09 18:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。