2007年01月28日

Vistaとキャプチャーボード

Vistaに移行して一番影響が出そうなのがキャプチャーボードである。ドライバーの対応と、Vistaから強化されたUACと呼ばれるユーザー特権の管理の仕組みが、互換性の問題を招きそうである。私が使っているアイオーデータのGV-MVP/GX2Wは、メーカーがもうすでにVista用のドライバーを公開していて、過去の機種についてもサポートしていてくれるので非常に好感が持てる。

ところが問題が出てしまった。今は暫定対応だと思いたいのだが、UACをインストールの過程で外してしまうのである。これだとVistaの新しい機能を殺してしまうことになる。UACは煩わしい面もあるので、これを切ってしまった方がXPの様に使えるので、初心者の人にはこの方がいい面もある。ところが、このUACを外すと新たな問題点が出てくるのだ。

UACを外すと今度は他のプログラムのインストールに支障が出るのである。私の場合はAcrobatReader8で、こちらも正式にVistaに対応されたものであるが、インストールに失敗していて悩んでいた。自分のサブマシンなどでは症状が出ていなかったので、割とすぐに問題が切り分けできたから、良かったのだが・・・

対処方法はUACを再度起動させること。これでインストールが正常にできるようになった。UACを切っているとタスクトレイに「Windowsの緊急警告」というアイコンが出ているはずなので、ここから再びONにすればよい。

posted by RION at 14:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Vista このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/32278098
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。