2006年06月08日

IME2007ベータ

私はここ何年もATOKユーザーですが、久々にIMEを使ってみています。IME自体は全くと言っていいほど触ったことがないので、そんな私がレビューしても意味がないのかもしれませんが、気がついたことをいくつか。

  • 予測変換が搭載されたようです。(ATOKに似た?)ただ予測がなかなか発動してくれません。ヘルプをみると今までの変換内容からしか予測してくれないようです。ATOKでは、学習内容からとか、辞書に入っている内容からとか選べます。
  • ローマ字立ち上がり(和英自動変換)がついた。ATOKそっくり。
  • 全角・半角をどちらを優先にするか設定する画面がATOKと全く同じ作り。やばいくらい似ている。(どうでもいいか・・・)
  • 学習した単語をMSへ送信する機能がある。さすがにデフォルトでOFFになっているが・・・。このデータが短いサイクルで流行語辞書などということでフィードバックされれば便利かとも思うけど。
  • 自動学習した単語はみることができない?
  • IMEならではの機能として、outlookに登録されている人名を変換するときは、補足説明が出るらしい。これは便利だと思う。ためしに登録してみたけど、反映されるタイミングがリアルタイムではないし、説明がないのでまだ出すことができていない。ちなみにATOKでもそのような辞書は、自分で作ろうと思えば作ることができます。私は面倒だから作ってないけど、メーラーは同じジャストシステムのshurikenをメインに使っているので、ジャストさんもその辺考えてくれるとうれしいなぁ。

 

posted by RION at 13:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | Office このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/18992847
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。