2006年05月18日

Value-Domainを使ったgmailホスティングの設定方法

独自ドメインでgmailというタイトルで、紹介させていただきましたが、今日は問い合わせがあったのでMXレコードの設定方法を紹介します。よかったら参考にしてみてください。(もし間違っていれば教えてください)

すでにドメインは取得済とします。

 

1.DNSレコードを控える

「取得ドメインの一覧」から「DNS」をクリックして表示させます。画面下に以下のような説明があるかと思います。「VALUE-DOMAIN独自のDNS機能で、同等の設定内容を表示するにはここをクリックしてください。」をクリックします。

WS000021.png

表示された情報はあとで使いますので控えてください。何も出なければ、控えなくて結構です。

 

 

 

2.ネームサーバーの変更

再び「取得ドメインの一覧」から、今度は「NS」を選択して「Value-Domain独自のネームサーバー(国内)」を選びます。

WS000023.png

 

 

 

3.DNSレコードの設定

「取得ドメインの一覧」から「DNS」をクリックして表示させます。今度は以下のように入力欄が変わっているかと思います。

WS000024.png

この例では最初の2行は1で表示された内容をそのまま記入しています。(人によって内容が異なります)3,4行目がgmailの設定です。MXレコードはもっとたくさん設定できますが、最低限これだけでも動きますという例です。3,4行目さえ設定できれば、Gmailでの運用はできるかと思います。実際には5つありますので設定しておいた方がよいでしょう。HELPのDomainRegister- Configuring Your Mail Exchange (MX) DNS Records: Enom のページに出てくるアドレスの頭2つを今設定したので、同じ要領で残りを設定してください。.comの後ろにもピリオドがつくのには注意です。

 

4.アクティブになるのを待つ

WS000025.png度はgamilのホスティングの Dashboardを見てください。

左のようにActiveになれば終わりです。私は3までの設定からActiveになるまで数時間かかりました。

 

以上で完成です。

posted by RION at 01:53 | Comment(4) | TrackBack(2) | webservice このエントリーを含むはてなブックマーク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。